水のトラブルで水道修理に資格は必要か

水のトラブルはトイレや台所など水を扱うところであればどこでも起こり得ます。その内容も蛇口からの水漏れや排水管の詰まりなど多岐にわたります。そういった水のトラブルが起きたときの水道 修理やトイレリフォームに資格はいるのでしょうか。

■許可を得た水道業者であること

水漏れ修理に携わるときに必要なのは水道局指定工事店であることです。水に関する工事というのは、地中に埋められている水道管や排水管の修理や交換といった作業もあります。そういった作業については知識と技術のある業者が工事をしないと配管を破壊して断水状態になる危険性もあります。安いからといって許可を得ていない業者に依頼することは法律にも違反することになるので注意しましょう。

■水道工事を行うために必要な資格

水道工事を行うための資格には色々な種類があります。その一つに給水装置工事主任技術者があります。この資格は国家資格であり、給水装置に関係する工事を指導したり、監督したりする立場にある人は必ず取得しておく必要があります。資格を取得するためには試験を受けて合格しなければなりませんが、受験するための条件もあるため、誰でもすぐに取得できるわけではありません。


■まとめ
水のトラブルで工事をするのに資格は必要です。資格には種類があり、その資格によって行える工事内容も変わってきます。工事を依頼する業者を選ぶときには自治体から許可を得ている水道局指定工事店であることを確認した上で、サービス内容や料金、評判などを比較検討することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ